名古屋市天白区の相続相談、遺産分割協議は行政書士平澤事務所

HOME 相続相談 名古屋市天白区 遺産 分割
業務案内 相続相談 名古屋市天白区 遺産 分割
離婚相談
入国管理相談
内容証明 相続相談 名古屋市天白区 遺産 分割
内容証明とは
内容証明の基礎知識
相続・遺言 相続相談 名古屋市天白区 遺産 分割
相続
インフォメーション 相続相談 名古屋市天白区 遺産 分割
料金表 / Q&A
事務所案内
ブログ
ご相談・お問い合わせ
リンク集
行政書士 平澤事務所 相続相談 名古屋市天白区 遺産 分割
相続・遺言 相続相談 名古屋市天白区 遺産 分割
  ブログ

タイトル
2013/1/6 遺言・相続徹底解説

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
昨年に引き続き相続の解説を行っていきます。
 また、今年は相続・遺言のセミナーも行う予定です。
その時はブログでご連絡いたしますので、是非ご覧ください。

それでは、新年最初の解説をいたします。

 第8回 遺産分割その3
 
今回は「特別受益」について解説いたします。
 特別受益とは、被相続人から、生前に特別な経済的利益
(贈与)を受けていた場合の事をいいます。
特別受益に当たる主なケースは下記の通りです。
@嫁ぐ時や養子縁組の時の持参金や支度金
A住宅を建ててもらった。または住宅を取得する為の
  費用を出してもらった。
B留学費用を出してもらった。
C独立開業の為の費用を出してもらった。
D遺贈を受けた。
           などです。
 通常の生活費や学費、挙式費用などは該当しません。
もし、兄弟の中にこの様な特別に経済的利益を受けた者がいて、
他の兄弟が受けていなく相続分が同じ場合は、経済的利益を
受けていない者には不公平感が残ります。
 そこで、生前に受けた経済的な利益は遺産の前渡し分と考え、
相続財産にその分を加算します。これを「特別受益のもち戻し」と
いいます。そのうえで相続分を計算します。
 例
 遺産総額…1億2千万円 特別受益…3千万円
 兄弟3人で、長女が結婚の際特別受益で3千万円もらった。
 
計算方法
 合計の相続額…1億5千万円(3千万円は特別受益)
 @長男5千万円
 A次男5千万円
 B長女2千万円+3千万円の特別受益
                         のように計算します。
 ちなみに、特別受益の額は、現在の貨幣価値に換算する事に
なってます。
 家を建ててもらった場合、今同じ様な家を建てたらいくら位になるか
計算しなくてはなりません。
また、住宅資金を出してもらい家を建てたが、すでに売却した場合も
特別受益になります。しかし、その家が天災などで焼失したなどの、
特別受益者の責任によらない場合は、贈与は初めから無かったもの
として扱われます。
 さらに、特別受益の方が相続分より多かった場合、相続分はゼロに
なりますが、超えた分の返還はする必要はありません。ただし、特別受益
分が他の相続人の「遺留分」(次回解説)を侵害している場合は、
他の相続人から請求(遺留分減殺請求)される事があります。

次回は、聞いた方も多いと思いますが、「遺留分」について解説
いたします。 では次回をお楽しみに !!


      

(C)名古屋市 天白区 相続相談 遺産分割協議 行政書士 平澤事務所 ALL RIGHTS RESERVED.